マグナス効果 〈Magnus Effect〉とは
一様流中に置かれた回転する円柱や球に
一様流に対して垂直方向の力(揚力)が働く現象のことです。

球形の弾丸が飛翔中に曲がる現象に対しての説明として、
1852年にドイツの科学者マグヌスによって認識されました。

詳しくは、NASAのLift of Rotating Cylinderのページを参照してください。